蒸暑い 天地返しの 味噌の波

古代米(黒米、赤米、緑米)と黄色大豆

白米糀と黒大豆

季節がらお味噌の表面にカビが生えやすくなります。そんな時は天地返しです。

私は今まで1度もやったことはなかったのですが、最近は時間に余裕があるので(スローな毎日なので(笑))地道に一樽一樽、お味噌の上下を入れ替えるように混ぜています。
蓋を開けると案の定、白カビがちょいちょい。丁寧にすくい取り混ぜ、混ぜ、混ぜ、混ぜ・・・「良い子だね~」と話しかけながら、ちょっと味見もしながら(笑)
手をかけ、声をかけ、時間をかけ・・・半年の期間じっくり寝かせないと食べられません。早く熟してよーと、どんなに急がせても、焦らせても、お尻を叩いても、この子たちは時間をかけない限り育ちません。
なんでもファーストが良いとされがちなスピードの世の中。でもお味噌や麹のように一定の時間をかけない限りできないものもあります。私もこの子たちに見習って、自分のペースでスローな生活を続けていけたらと思っています。自分時間で暮らすって、ある意味贅沢ですよね。

おかげさまで幸せな毎日です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です