味噌の樽 重なる日々の 暑さかな

毎年お味噌を仕込むので、たくさんの味噌樽が無造作に積み上げられている納戸…
整理しなきゃ、とずっと氣になっていたので、今日は思い切って引きこもり、味噌樽の整理をしました。

数えたら8樽、その他に3キロ入りのタッパウエアに入った味噌が9個も。良く造ったなぁ、と我ながら感心(笑)
1番古い味噌は2014年2月仕込み。3年5ヶ月経ってますから、もうすっかり薬膳味噌です。深い味わいで貫禄のある容姿に惚れ惚れします(笑)
お味噌は新しく仕込めば次から次へと造れますが、古い味噌は無くなったらまた長い年月をかけて寝かせなければなりません。なので古味噌は大切に少しずつ使わないと、って思います。

ひと樽ひと樽に仕込年月日や、材料の産地や栽培農法、生産者の名前、配合比率、使用した種麹名などをこと細かく書いて貼りました。これで一目見て中身が分かります。
書いていると当時の様子が浮かんできて、懐かしさで目の前のお味噌がより一層愛しく想えました。お味噌に触れると心が安らぎます。お味噌が私に話しかけてくるようで抱きしめたくなります。味噌ラヴです(笑)

みなさんに私が造ったお味噌を味わってもらえる日を夢見ながら…ありがとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です